鼠径ヘルニアは手術で治療することができる病気!病気について調べてみよう

病気に悩んでいるなら

病院

手術について

鼠径ヘルニア治療の流れを覚えておきましょう。流れを覚えておけば、スムーズに治療することができるようになります。

READ MORE
ナース

予防の方法

鼠径ヘルニア手術を行った後も油断は禁物です。しっかりと予防に取り組みましょう。予防方法はこのページで紹介しています。

READ MORE

鼠径ヘルニアになりやすい人ランキング

no.1

力仕事をしている人

1位は力仕事をしている人です。特に、物を持ち上げたりすることが多い人は注意が必要でしょう。お腹に力を入れることが多いと、脱腸しやすいのです。力仕事をしている方は、鼠径ヘルニアのリスクが高いと言えます。

no.2

立ち仕事をしている人

2位は立ち仕事をしている人です。基本的に立ち仕事をしている人は、鼠径ヘルニアになりやすいと言われています。製造業などに多いでしょう。立ちながら仕事をすることが多い人は、普段から注意しておきましょう。

no.3

肥満の人

3位は肥満の人です。肥満になると、脱腸しやすくなってしまいます。肥満を解消する必要があるでしょう。基本的に肥満は、脱腸だけではなく生活習慣病のリスクも高めます。肥満の方は、すぐに改善するようにしましょう。

[PR]

下肢静脈瘤なら専門医院で改善
最寄り駅から徒歩2分の好立地☆ 日帰りで下肢静脈瘤手術が受けられる!
脚のデコボコを改善

男性に多い病気

お腹

大人に多い病気

一般的に鼠径ヘルニアは、子供の病気と思っている方も少なくありません。確かに、子供がこの病気になってしまうことは珍しくないことなのです。ですが、実際は子供よりも大人の方が鼠径ヘルニアの患者は多いと言われています。多くの方が持っているイメージと、現実の患者数には違いがあるのです。その為、大人であっても、脱腸する可能性があることを意識しておかなくてはなりません。特に、男性は注意しておきましょう。中高年の男性に多い病気だからです。この病気の発症率を男女で比較すると、8割程が男性とされています。男性は力仕事をすることも多いので、病気のリスクが高まってしまうのです。中高年の男性は、脱腸に注意しておきましょう。

良性の病気

鼠径ヘルニアは良性の病気として知られています。多くの場合、下腹部に腫れが現れるでしょう。指で押して腫れを引っ込めることが可能です。悪性の病気ではないので、直ちに体調に影響することもないでしょう。感覚的には、太ももの付け根に違和感を覚えます。腸がお腹の中から出ているので、柔らかい腫れや違和感を覚えるのです。ですが、放置していると小腸がお腹から出てしまうようになります。不快感が増してくるでしょう。さらに、小腸が出てくると、だんだん痛みを伴うようになります。柔らかかった腫れが硬くなることもあるでしょう。硬くなると、指で押しても引っ込まなくなります。嘔吐や激しい痛みを伴うこともあるのです。しかし、手術で治療することができるため、異変を感じたら受診しましょう。

スポーツ選手にも

スポーツ選手が鼠径ヘルニアになることもあります。スポーツ選手の中でも、サッカー選手はこの病気になりやすいと言われているのです。激しい運動と、ボールを蹴るという行為が影響していると考えられています。最近では趣味でサッカーを楽しむ方も増えてきているでしょう。スポーツを楽しんでいる方は注意が必要です。